さいたまシティジュニアカップ2018 大会要項

大会について

さいたまシティジュニアカップ2018  大会要項

【 目的 】
次世代を担う子供たちのサッカーを通じた交流により、グルーバルな人間育成と青少年の健全育成を海外チームを
招聘し
その交流を推進し、サッカーのまち、さいたま市のサッカーまちづくり事業を図る

【 主催 】
埼玉県サッカー協会、さいたま市サッカー協会

【 主管 】
・さいたま市サッカー協会第4種
・さいたまシティジュニアカップ実行委員会

【 後援 】
さいたま市

【 協力 】
さいたま市サッカー協会審判部

【 運営 】
特定非営利活動法人スポーツエクスパンド

【 日程 】
平成30年7月21
日(土)~22日(日) 2日間

【 大会役員・実行委員会 】

委員長  松沢喜久夫
委員   町田章司   中森秀明   金子雅幸   小池友良
大澤元彦   中村武人   長谷川憲司  藤森賢太

【 協賛 】
​株式会社しまむら

【 参加資格 】
小学6年生以下(海外チームは 2006 年 1 月 1 日以降に生まれた者)、
参加選手はスポーツ 障害保険に加入していること

【 大会形式 】
・大会期間中の選手エントリー変更はできない
・試合時間はランニングタイムとする
・主審は公式タイムキーパーであり、全ての試合時間をコントロールする
・24チームを3グループに分け、総当たりリーグ戦方式で各グループにて順位を決定する。
同点の場合は引き分けとする順位は、勝ち点(勝ち3、引き分け1、負け0)、 得失点差、総得点、当該チームの勝敗、抽選の順に決定する
・大会初日の予選リーグでの国際交流イベントは、天候によっては中止になる場合もある

【 上位、中位、下位リーグ戦方式 】
(1) 各ブロック1位~2位の6チームは、プレミアリーグ(上位)へ進出
(2) 各ブロック3位の中で成績の良い2チームがプレミアリーグ(上位)へ進出
(3) 3位の最も成績が悪かったチームと、各ブロックの4位~5位、各ブロックの6位の中で
最も成績が良いチームの合計8チームはゴールドリーグ(中位) へ進出
(4) 各ブロック6位の成績が悪かった2チームと、7位~8位の合計8チームが シルバーリーグ(下位)に進出
(5) 上位パートは総当たりリーグ戦を行った後ベスト4チームでプレイオフ
(6) 中位、下位パートはグループリーグ後に、同順位での対戦を組む

【 閉会式兼表彰式 】
7月22日(日)与野八王子会場
・優勝:トロフィー、賞状、メダル、副賞
・準優勝:トロフィー、賞状、メダル、副賞
・第3位:トロフィー、賞状、副賞
・最優秀選手賞:メダル、トロフィー
・優秀選手賞:メダル(24名)

【 試合規定 】
(1)試合規則   (公財)日本サッカー協会競技規則及び 関係通達による(現行ルール)
(2)試合人数   8人制
(3)ピッチサイズ 68m×50mを基準とする
(4)ゴールサイズ 少年用ゴール
(5)ボールサイズ 4号球(大会本部にて用意する)
(6)試合時間   20分(3分間のクーリングタイムあり)
(7)選手交代   自由交代
(8)警告退場   退場処分を受けたものは次の試合に出 場できない。累積で2度の警告を受け たものは、次の試合に出場できない

参加費
10,000円

Download (PDF, Unknown)